ROBO LOG

2015年。三十路女、アイルランドでワーホリなのであります。

いよいよ渡愛!〜入国の巻〜

バタバタしていたらあっという間に渡愛の時間でして!

更新さぼってる間に、展開、急!

 

エティハド航空にて

成田→アブダビ 12時間

アブダビ→ダブリン 8時間

 

もうお尻と時間の感覚がよくわからなくなるぐらい

長い長い道のりでした。。。

 

初めてのアブダビ空港も、全人種大集合、といった感じで、おもしろかった。

世界中の赤子がみれてほっこり。

ダブリン行きのフライトでは赤子ギャン泣き世界選手権的な感じで

いろんな国の子供が泣いてましたw

パパママたち大変だわ。

外野としてはなんか微笑ましかったですけどね。

 

そしてダブリン到着。

入国審査ゲートにて、ちょっと怖めのお姉さんに

パスポートと

A4パウチのちゃちいワーホリビザ許可証をみせて、以下のやりとり。

 

私「ワーホリで来ました」

お姉さん「何の仕事をするのか決まっているのか」※険しい表情のため口調はこのように聞こえる。

私「まだ決まってないけど、最初の1ヶ月語学学校に行ったのち、パートタイムジョブを探します」

姉「ふーん・・・◯◯だな。(聞き取れず。たぶん、該当する入国目的の項目名)

私「え?」

姉「◯◯や。(と言ってパスポートにスタンプを押し、何か書く)90日以内に外国人登録をしなさい。はい、行ってよし。」

私「せんきゅ(こええ)」

 

と、パスポートと一緒に「Registration Directions」と書かれたカードをもらいました。

Garda National Immigration Bureauの地図と、下記注意書き。

 

You are required to report to:

An Garda Siochana (National Police),

Immigration and Registration Office,

13-14 Burgh Quay,

Dublin 2.

Within the time limit endorsed on your passport today.

You must bring your Passport and all original documentation with you and produce same for inspection.

 

このフローに関しては

事前にアイルランド留学クラブの方からのメールで教えていただいてました。

下記、メール抜粋。とっても丁寧。ありがたや。

 

-----------------------------------------------------------

今回は学生ビザではなくワーキングホリデーでの入国になりますので、
入国審査の際は、一番始めにワーキングホリデー許可証を提示して
アイルランドでアルバイトをしながら滞在予定であることをお伝え下さい。
そして、最初しばらくの予定についてさらに聞かれたときに、今回お送りしています
ダブリンシティ大学付属語学学校のホストファミリー詳細と入学許可証を見せて下さい。
*これは入国審査の際に、パスポートに誤って学生ビザのスタンプを押されるのを避けるためです。

入国時には、通常は1~2ヶ月分の滞在許可スタンプをもらい、
スタンプの有効期限内にイミグレーションオフィスに出向いて
外国人登録の手続きをするように指示されますので、
なるべく早めに事務手続きを済ませることをおすすめいたします。

登録手続きの方法や必要書類の発行は学校スタッフがお手伝いしてくださいますが、
学生ビザでの登録と異なる点として
ワーキングホリデーでの登録の場合は現地銀行口座の残高明細は不要です。

-----------------------------------------------------------

 

そう、学生ビザの場合はこちらの銀行口座の残高証明が必要なんですってね。

ワーホリビザではいらないみたいです。

来週学校が始まったら様子みつつ

早く手続きに行かなくちゃ。

 

そんなこんなで、ダブリン生活の始まりでやんす!

 

ロボ

 

 

※入国後の公的手続きはこちらも参照

アイルランド ワーキングホリデービザ | 日本ワーキング・ホリデー協会

Q2.現地へ行ってからしなければいけない手続きについて教えてください。