ROBO LOG

2015年。三十路女、アイルランドでワーホリなのであります。

外国人登録とPPSナンバー取得

これまた少しさかのぼりますが、先週の話。

 

銀行口座開設に引き続き、

外国人登録

・PPSナンバー取得

をば。 

 

詳しくはこちら↓

 

用意したもの

・パスポート

・A4パウチのオーソリゼーション

・銀行口座開設の際にも学校からもらった住所証明のレター

 

そろそろ外国人登録せねばと思い

とある日のこと

学校が終わり、バスでCity Centreに向かいました。

 

Garda National Immigration Bureau (GNIB:出入国管理局)

13/14 Burgh Quay
Dublin 2

www.google.ie

Immigration - An Garda Síochána - Ireland's National Police Service

 

私「あの…」と、

空港でもらったカードを見せようとすると ※いよいよ渡愛!〜入国の巻〜 - ROBO LOG

女性Officerが食い気味に「No. Tomorrow morning」と。

 

無愛想にイラっとしたら、負けやで。

 

というわけで翌日学校を休んで再度行って来ました。

 

オフィスは8:00からやってるのですが

私が着いたのは9:30頃。

すでに人人人。

昨日の無愛想なお姉さんに

再度空港でもらったカードを見せようとすると

食い気味に

"Fourteen"

と言われました。

安定の食い気味無愛想です。

イラっとしたら、負けやで。

 

14番窓口を探すとその前に長ーい列が…

なるほど…

 

パスポートと

A4パウチのオーソリゼーションと

学校に発行してもらった住所入りのレターを持って並び、窓口でみせると

"ワーキングホリデーな?Come back at 1 o'clock."と、

番号札(レシート)を渡されました。

 

244番

 

まじか。

8時からオープンしてまだ2時間弱で250人近く来たってことか。 

ダブリンてどんだけ外国人いるんだ。

 

すでに10時。いや、まだ10時。

あと3時間あります。

というわけでそのままPPSナンバーの取得申請に向かいました。

 

次に向かうは

Department of Social Protection Offices (社会福祉事務局)

197/199 Parnell Street
Dublin1

www.welfare.ie

 

GNIBを出て橋を渡ってO'connel streetに出ると

中国人のクラスメイトに遭遇!

ダブリンは小さな街であります。

 

「何してるの?」

「immigration officeに今行ってきたの」

「あたしもこれから行くの」

てことで場所を教えるため来た道を戻るw

 

軽く案内してからクラスメイトと別れ、

再度社会福祉事務局へ向かいます。

 

オフィスに入ると感じのいいおっちゃんが優しく案内してくれました。 

窓口は若いお兄ちゃん。

レターを一部しか持ってなかったので、

そのまま提出するのか聞いたら

スキャンするから原本は戻すよ、って言われてひと安心。

 

申請用紙と番号札(レシート)を渡されて

待ってる間に用紙に必要事項を記入。

番号呼ばれて窓口に行くと

若いお姉さん。

"English, okay?"

と、めちゃめちゃゆっくり言われてちょっとわろたw

 

外国人ね、慣れてるわよ、て感じで

「ホストファミリーのところにすんでるの?アイリッシュ料理がでてくる?do you like it?」と、

終始にこやかフレンドリーに聞かれ

まじでGNIBと雲泥の差やなと思いながら

いろいろ聞かれたり記入したりし、

写真をその場で撮られて

終了。

一週間ぐらいで住所宛に届きます。と。

 

こちらは待ち時間も合わせて全部で30分ぐらいでした。

混み具合も関係すると思うのですが

えらい待つのを覚悟して行ったので

拍子抜け。

 

ちょっと時間があったので

Wi-Fi目当てにカフェに入ってお茶して

再びGNIBに戻りました。

約束の13時前について、

結局番号が呼ばれたのは16時過ぎw

 

書類一式渡して

カウンターでそのまま写真を撮られて

両手人差し指の指紋をとられて

お金を払う…というところで

クレジットカードがデビットカードしか受け付けない、とのこと。

しかも300ユーロとな。

ネット情報からだいぶ値上がってる!泣

さて、クレジットカードですが、いま限度額ギリギリなため、使えないのです…

デビットカードも、新しく作りはしたのですがこの時点ではまだ届いていなかった。

「どっちもないんですけど」と困って言うと

「アナザーオプションがあるからちょっと待ってて」と、

銀行振込用紙を持って来ました。

銀行振込だと一週間待って再度来ないといけないのですが、

それしかないので、ハイ。

 

それが終わって

全指の指紋をとるから名前が呼ばれるまで待ってて。と。

 

待つことさらに1時間弱。

 

両手すべての指紋をスキャンして、

オフィスを出たのは結局17:30でした。

長かった。

 

こんなに待つ原因ですが、

とりわけofficerたちの仕事っぷりが遅いというわけではなさそうでして、

とにもかくにも人手不足な模様w

押し寄せる外国人の数に対して

圧倒的に少ない職員。

カウンターは15台もあるのに

実際フルで稼働しているのは5台ほど。

途中休憩なんかあったりで増えたり減ったり。

単純計算して今日8:00から10:00までに250人来てたとして、

職員1人に対して50人。

1人に5分かかるとして、休憩なしでも4時間。

や、カウンターと同じ人が最後に指紋とったりするし、1人5分じゃ絶対終わらない。

昼休みやらその他いろいろイレギュラーな対応やら考えると

まあ現状だとしゃあないかと。

ということで

職員倍必要だと思うわ。

もしくは予約制にするか。

私は8時間かかったけど、

クラスメイトのブラジル人は12時間かかったらしいですw

結局街で遭遇した中国人の子はその日はもうだめだったらしく、

次の日行ったら4時間ぐらいで終わったらしいです。

日によるのかも??

 

とりあえず、暇つぶしアイテムは必須ですね。

 

というわけで、銀行振込も終えて7日経とうとしているので、

明日あたり再びGNIBに行ってこようと思います。ぬー。