読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROBO LOG

2015年。三十路女、アイルランドでワーホリなのであります。

海外生理事情

さて女性のみなさん。

 

海外生活で気がかりなもののひとつが

生理用品じゃないかと思います。

 

私も日本からたくさん持ってきていたのですが

さすがにストックもなくなりまして

こちらで生理用品を買い始めました。

 

スーパーに行きましたら

もちろん日本と同じように生理用品コーナーがありんす。

ぱっと見の割合でいうと

ナプキン:タンポン=5:5

といった感じです。

 

欧米=タンポン率高し、という印象があったので

おナプ派としましては

ナプキンちゃんと売ってるのかなーと心配してましたが

ちゃんとありんす。ご安心を。

 

あまり種類を使用したことはないのですが、

とりあえず買ってみたやつをご紹介。

 

always ふつう・羽根なし

f:id:giantrobo:20150718102416j:plain

 

always 多め・羽根つき

f:id:giantrobo:20150718102426j:plain

 

TESCO PBナプキン

f:id:giantrobo:20150718102334j:plain

 

中身はこんな感じ。

f:id:giantrobo:20150718102439j:plain

 

お値段は3つで€8.89でした。割引あったけど。

 

想像してたよりも薄いのですが、

総じてやはり肌触りは悪く(◯ィスパー系)

そんなことより吸収力じゃい。といった感じです。さすがです。

日本の繊細な肌触りのナプキンが恋しい。

ちなみにalwaysのふたつは強烈な香料がついてます。

 

大手スーパーのTESCO、生理用品まで作っていて、

すごいなーと。

日本はPBで生理用品まで作ってるところってありますかね?

見たことないような・・・。

 

そう。

TESCOのやつに

winged towelsと書いてあるのですが、

ナプキンのこと、

padという表現の他に

towelともいうみたいなんです。

むしろtowelの方が多く見かけます。

たまに公共のトイレに生理用品の自販機がありまして

tampon と towel と表記されてたり。

「タオル」ではないのでお気をつけくださいw

 

ちなみにアメリカやカナダではディーバカップとやらが流行っているようですが、

アメリカやカナダの女性が使っている生理用品ディーバカップに興味津々 | 女性の美学

こちらではまだ見たことないかも??

どこかで売ってはいるんでしょうけど。

 

わたくしといえば

布ナプキンとやらをちょっと試してみたい今日この頃です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村