ROBO LOG

2015年。三十路女、アイルランドでワーホリなのであります。

お疲れ様です

「お疲れ様です」を

目上の人に使っていいのか議論が行われている

一方その頃

アイルランドでのオフィスでは。

 

 

( `・∀・´)ノ "Hi"

 

 

( `・∀・´)ノ "Bye"

 

 

 

英語ってラクだなw

 

会社にもよるかと思いますが

上司も部下も関係なく、

そんな感じ。

基本下の名前で呼び合っています。

インターンの会社でもそうだったな。

 

ちなみにいま働いている会社、かなり多国籍でして

いろんな国の人がおりますが

ほんとみんな英語上手。

でもやっぱりいろんな国の人が集まっているから

特にコミュニケーションは無駄を削ぎ落とした言葉で。

日本のビジネスシーンでは考えられないほど

かなりカジュアルなのは間違いないかと。

 

とはいえ

敬語がゼロなわけではもちろんありませんよね。

 

仕事だけじゃなくて

まー日常の生活でも

一応あんまりrudeな口調にはならないように気をつけたいなあと思って日々過ごしています。

 

I'd like to〜.

Could I〜?

Would it be possible〜?

Would you be available〜?

 

などなど。

 

「英語って敬語がないもんね!」っていうのは

厳密にいうと違うんじゃないかな?

 

けっこうね、聞きます、アイルランド人から。

 

「あの子ったらこんな言い方だったのよ!」とか

「職場でこういう風に話すやつがいるんだ」とか。

 

英語というよりも

なんていうかもちょっと根本的な部分だと思いますけども

ある程度はね、気を使って生活したいものですよね。日本人だもの。

 

お疲れ様です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村